FC2ブログ

人は何のために生まれ、生きるのか?そして、真の豊かさとは?

障がいを持った娘、そしてオムツねこチーと2匹の猫とともに過ごす日々の中での気づきを綴るブログ

Top Page › エミルの日記 › 箱根日帰り旅日記 part.3
2019-10-05 (Sat)  03:35

箱根日帰り旅日記 part.3

これが全ての答えである


とんでもなくミラクルで、
ビッグな具現化が
目の前で繰り広げられたのだ!



IMG_1235 (1)



箱根の駒ケ岳山頂の箱根神社元宮で起きたあの感動は、
一生、忘れられないギフト


IMG_1236 (1)

IMG_1238.jpg


ロープウェイで登った駒ケ岳山頂は霧とガスで、
10メートル先にいる人が、やっとシルエットが見える程度の視界だった。





それがである。



諦めかけていたその時、


IMG_1240.jpg



空がだんだんと明るみを帯び、風がサーっと吹いて、
徐々に視界が広がり始めたのだ



IMG_1243.jpg



徐々に視界10メートルだった霧の駒ケ岳山頂が
、サーっと霧が晴れて、箱根神社の元宮のお社がクッキリと姿を現しました。


IMG_1257.jpg



右手には相模湾もだんだんと見えてきています。


IMG_1242.jpg

IMG_1241.jpg

IMG_1256.jpg





そして、箱根の駒ケ岳山頂は
本来なら、ここから富士山がバッチリ見えるゾーンでもある



悪天候のため、もはやこれまでかと諦めかけていたその時、
うっすらと空が明るみを帯び、徐々に視界が晴れていったのだ。


IMG_1245.jpg

IMG_1244.jpg

IMG_1246.jpg

IMG_1247.jpg

IMG_1249.jpg

IMG_1251.jpg

IMG_1252.jpg




もう興奮して、声を出さずにはいられないほど感激した一瞬でした!!






ここ数年、富士山を目の前にしながらも、
その姿を見ることができなかったのが、

今日はこんなサプライズな方法で姿を見せてくれたのである。



IMG_1258.jpg


しかも、裾野に雲海が広がる富士、それは雄大で、
下界からはのぞめない光景でした




IMG_1267.jpg


まるで飛行機から眺めているかのような光景ですが、
これは箱根の駒ケ岳山頂からの絶景です。


雲の海


まるで天界の住民にでもなったかのような気分でした



IMG_1260.jpg

IMG_1265.jpg





IMG_1261.jpg

IMG_1262.jpg

IMG_1263.jpg

IMG_1259.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ


















最終更新日 : 2019-10-05

Comment







管理者にだけ表示を許可